ケーススタディ(クライアント企業様).

何気ない会話からニーズを理解してくれる
“くみ取り力”の高さが、
最短距離でビジネスをゴールへと導く

マッチする会社を紹介できる理由は
ニーズをくみ取る能力の高さ

レディくるをご利用いただくようになった、きっかけをお教えください。
ご担当者様:最初のコンタクトは2015年のことです。コーポレートサイトのリニューアルを検討していたタイミングでご連絡をいただき、WEBデザインやWEB制作の会社を紹介してもらおうと、直接お話を伺いました。その際はビジネスには結びつかなかったものの、多くの会社を紹介いただいたので、継続的に相談するようになりました。初めてビジネスに結びついたのは、2016年に発売した「スタンド型ビアサーバー」の紹介動画です。雑貨専門店の店頭POPモニターで流す映像が必要になり、製品の使い方を実演販売のように分かりやすく伝える映像を制作できる企業の紹介を、レディくるへ依頼しました。
レディくるからの紹介企業に、共通する点はありますか?
ご担当者様:そのほかの件でも、レディくる経由で紹介いただいた企業とは何社もビジネスパートナーになっています。共通するのは「柔軟性の高い企業」という点です。何か困りごとがあると、すぐ相談させてもらえる間柄になっています。そのような企業が多いということは、レディくるの“ニーズをくみ取る能力”が高いからではないでしょうか。私たちの求めるところが「柔軟性の高い企業」と理解したうえで、紹介いただいている結果だと思います。
株式会社グリーンハウスのケーススタディ画像

マッチング調査のロスが減り
最短距離でゴールへ進める

レディくるをご利用する以前と比べて、どのような変化を感じていますか?
ご担当者様:これまでのように、自分たちでWEBからビジネスパートナーを探す際、特にコネクションの弱い分野は知識不足で情報精度がどうしても低くなります。すると、コンタクトを取った企業と直接話をしてから、弊社が目指すゴールに対応可能かを判断してもらうことになってしまいます。1社ならまだしも、3社・4社ともなると無駄な労力が幾重にも発生しますが、レディくるはいわば、そのロスを防ぐフィルタリングをやってくれるのです。こちらが依頼したい内容や背景を正確に踏まえて、調査や精査をすべて代行し、適切な会社をピックアップしてくれます。レディくるからの紹介先とだけ話をすれば済むため、ゴールに向かって最短距離で進められます。
ほかに利便性を感じられるところは、どのような点でしょうか?
ご担当者様:レディくるの担当者と定期的に相談を重ねているうちに、こちらがビジネスパートナーに求めるイメージや要望をくみ取ってくれることです。こちらはただ話しているだけで済むから、大変ありがたいです。打ち合わせ後の雑談でビジネスに結びついたこともありました。本題が終わって席を立ってから、レディくるの担当者との雑談で、ふと「そういえば、こういうプロモーション方法もありますよね…」と口をついて出たら「その方面のコネクションあります!」とおっしゃっていただいて。すぐご紹介していただいた企業とはトントン拍子で話が進み、新製品発表会でのプロモーションの依頼ができました。
株式会社グリーンハウスのケーススタディ画像

レディくるがどこで利益を得ているか
最初はまったく理解できていなかった

ご利用いただいて、レディくるの強みはどこにあると思われますか?
ご担当者様:“ニーズのくみ取り力の高さ”だと感じています。ことばのうえで「○○を作りたい」「■■をやりたい」という目的が明確になっていても、それだけで仕事を依頼できるパートナーを探せるわけではありません。レディくるはこちらに対するくみ取り力だけでなく、紹介企業の情報をくみ取る力も高いと思います。雰囲気や企業文化・人柄といった言語化できていない情報もしっかり理解されて、ニーズだけでなく相性の良さを満たす企業を紹介してくれます。
また、他社との違いはどのようなところでしょうか?
ご担当者様:他社を紹介してくれる企業はありますが、紹介した企業が商流に入ってマージンを取るのが一般的ですから、レディくるはどこで利益を得ているのか、最初はまったく理解できていませんでした。レディくるから紹介いただいた企業の方にビジネスモデルを教えてもらって、やっと理解しました(笑)。紹介料を取らない企業もありますが、レディくるのように弊社のニーズをしっかりくみ取って、マッチングをしっかりやってくれるところは、私の知る限りほかにないですね。
【ひと言Pick Up!】

お話のなかで印象的だったのは「しっかりと要求をくみ取ってくれるので、紹介の精度が高く“外れ”が少ないですね」という、うれしいひと言。「紹介を通じて今では切っても切れない縁となったビジネスパートナーが多いのも、それが理由だと思います」ともおっしゃっていただけました。

【導入企業紹介】
株式会社グリーンハウス
企業理念は「お客様の『笑顔』や『ときめき』のために、挑戦を続けること」。設立は平成3年(1991年)。ワークステーション対応メモリーの発売から始まり、その後PC周辺機器、映像・オーディオ関連機器、キッチングッズをはじめとする、コンシューマー向けに幅広い分野の製品を取り扱うほか、OEM製品やデジタルサイネージ・電子ポップなどのセールスプロモーション機器、IoTソリューションを支えるモジュールなど、ビジネス向けの製品も取り扱う電子機器の総合メーカーへと成長し、現在に至る。
Now Loading