楽しく働ける仕事。私らしさが光るコンシェルジュという生き方


新卒で当社コンシェルジュの仕事に就いた宮坂奈那子。新卒の宮坂がレディくるを選んだ理由とは、魅力とは何か。レディくるコンシェルジュの中でも豊富なキャリアをもつ彼女が、取引先探しの新たな手法であるビジネスマッチングについて語ります。


この記事は約5分で読み終わります。

 

「新卒でレディくるコンシェルジュに」

まず初めに、経歴を教えてください

宮坂:4大文学部卒、2016年新卒入社のちょうど6年目で、現在課長職に就いています。レディくるを志望したのは、今後ますますの躍進が期待できるベンチャー企業であることや、女性が活躍できる職場環境であること、また自分が理想とするメリハリの効いたオン、オフが送れるイメージできたことが理由です。もともと他社の面接を受けにいったのですが、面接時の担当官が採用支援代行業の方でした。

理想とする働き方や将来像について、相談がてら色々とお話を聞いていただくうちに「貴女の求めるワークライフバランスが実現できる会社を紹介する」といってくださって。提案された2社のうち1社がビジネスマッチングサービスを運営するフロンティア株式会社でした。

フロンティアには、ベンチャー企業ならではの挑戦できる雰囲気があり、新卒で入社する自分でも結果を残せば評価してもらえるイメージがはっきりとしていました。迷うことなく応募して、現在に至ります。

 

 

「仕事のスケールも大きく、学びが多いです」

レディくるコンシェルジュの醍醐味について教えてください

宮坂:学びの多さと、『企業と企業を引き合わせる仕事』のスケールの大きさです。

コンシェルジュという立派な肩書きを入社当時からいただいておりますが、最初はそれこそ右も左も分からないことばかり。デジタル化社会のあり方やマーケティングの勉強から始まり、人(お客様)と人(パートナー企業)をつなぐ意義まで、ありとあらゆることを学びました。

現在約800社のお客様を担当していますが、濃淡の違いこそあれ、みなさまに重宝していただいています。レディくるの魅力は、さまざまなスキルをもったお客様と・パートナー企業様を直接結びつけられることです。やはり初めて担当した専門大学の案件が、強く印象に残っていますね。入学案内パンフレットとウェブサイトのリニューアルをあわせて任せたいというご要望をいただき、パートナー企業様をご提案したところ、お客様から大満足いただけました。

 

 

「丁寧なヒアリングの上、潜在ニーズを探ること」

レディくるコンシェルジュとして働く上で意識していることは?

宮坂:私の固定概念でお客様のご要望とパートナー企業様のスキルを決めつけないことです。固定概念で決めつけてしまうと、求められているご要望通りのありきたりな提案しかできませんが、見る角度が変われば候補にすら上げなかったパートナー企業様がとたんに“映えて”きます。ご要望を根掘り葉掘り聞いた上で、「潜在的なニーズはどこにあるんだろう」、「こういう要件なら、こんな提案もありなんじゃない?」ということを考えるようにしていますね。

以前まではヒアリング時には必ずご訪問をさせていただいていましたが、この頃は難しくなってしまったので、ウェブ会議を開いていただくようお願いしています。電話だけでなくお顔合わせを頻繁に行うことで、声のみ電話では分かりにくい表情や微妙なニュアンスの違いを受け取ることができ、ご要望との大幅なズレを予防できます。デジタルマッチング経験者として、仕草を含めた感情が読み取れるウェブ会議は新たなフェイストゥフェイス、人付き合いのあり方だと思っています。人と人をつなぐレディくるコンシェルジュとして大切にしたい、古くて新しい考え方ですね!

また、「世の中のインフラになる」というのが当社代表取締役社長である高橋の目標です。願わくはGoogleやYahoo!のようなビジネスマッチングサービスになりたい。検索エンジンと同様に無料でありながら、表層的な情報だけでなくレディくるの五感を通したリアルなデータを添えて、お客様に提案していきます。

課長職に任命されてからレディくるの今後や後進指導にも意識が向かうようになってきました。チームメンバーで勉強会を開いて、業界についての情報をシェアすることもあります。顧客満足度を高めるための努力は惜しみません!

 

 

「食品業界からのご相談が多いです」

得意分野について教えて下さい

宮坂:食べることが大好きなので、食品メーカー様のお客様が多いですね。販促やマーケティングをご要望されることが多く、大手食塩会社様よりに、若い世代に対する知名度を上げたいとのご要望を受けて、フォトコンはじめイベント企画に長けたパートナー企業様をご提案した経験も。これまでは東京の企業様が多かったですが、最近は地方の大手食品メーカー様とのやりとりもあります。趣味と仕事の実益をかねているので、いっそう楽しく仕事に取り組めます。

※編集後記
言葉の端々に強い意志を感じさせる宮坂。ほんの少し考えた後にハキハキと受け答えする、凛とした立ち振る舞いに、お客様と後輩から絶大なる信頼を寄せられています。オフは目いっぱい趣味嗜好を楽しみ、オンは目いっぱい仕事に励む。そんな宮坂流のオン、オフスタイルはコンシェルジュたちの理想像ですね。