【在庫管理システム】導入の目的やメリット・デメリットを解説


在庫管理システムの導入を検討している際に知っておきたいのは、導入によって得られるメリットやデメリットではないでしょうか。 「自社の在庫管理にシステムを導入してうまくメリットが引き出せるのか」など、費用対効果が得られるのかは気になるところですよね。 この記事では、在庫管理システムを導入する目的や必要性と、導入することで得られるメリット・デメリットについて紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

要件や相性にマッチしたパートナー企業(発注先)をご紹介いたします。
ビジネスマッチングエージェント「Ready Crew(レディくる)」で、発注のお悩みを解決!
⇒公式サイトにアクセスして、サービス資料を無料ダウンロード

 

こんにちは。ビジネスマッチングエージェント「Ready Crew(レディくる)」の教えてレディくる編集部です。

在庫管理システムの目的

在庫管理システムとは、商品や商品を作る際に必要になる部品などの「在庫」を、適切な数量かつ必要なタイミングにスムーズに出し入れできるように「管理」するシステムのことです。

在庫管理を適切に行うことは企業の利益を左右する重要なものであり、システムで管理をスムーズに行うことでコスト削減にもつながります。

在庫管理システムの目的は「在庫の過不足を減らす」ことです。

在庫を抱えすぎれば在庫を保管するコストが高くなり、在庫が少なすぎれば収益が得られる機会の損失につながります。

在庫管理システムで適切な数量になるように管理を行えば、結果として業務効率化や企業の利益向上につながるでしょう。

在庫管理システムを導入するメリット

在庫管理システムを導入するのであれば、自社にどのようなメリットがあるのか、コストをかけて導入するだけのリターンがあるのかをチェックしておきたいところです。

ここからは、在庫管理システムを導入するメリットや在庫管理システムの強みについて紹介します。

工数の削減になる

在庫管理システムを導入すると、管理業務にかかる手間や時間が大幅に軽減されるため、工数削減につながるメリットがあります。

在庫管理では、現物の商品と在庫データを一致させる必要があります。手作業で行う場合、目視で確認することになるため、商品の種類や個数を見誤って判断してしまうこともあるでしょう。

在庫管理システムを取り入れることで、バーコード読み取りで在庫情報を簡単に管理できるため、工数の削減だけでなくヒューマンエラーを減らすことにも役立ちます。

また、棚番号など保管場所の管理もバーコードで行うことができるため、在庫数の管理と保管場所の管理を一元化することも可能です。

在庫の状況がリアルタイムで分かる

在庫管理システムでは、在庫の状況をリアルタイムで管理することができます。全体量の把握だけでなく、受入や払出による増減も一目で把握が可能です。

「在庫あり」として把握していた商品が、実際に確認したところ「在庫切れ」だったというような、在庫に関するずれが生じるのを防ぐことができます。

また、在庫状況を可視化できるため、新入社員など保管庫のどこに在庫があるのかを把握できていない人でも、簡単に全体を管理できるようになるのもメリットのひとつです。

さらに、在庫管理システムでは在庫全体を把握する際に、経験値による管理力の差を小さくし、社内で管理方法を統一できるようになります。

結果的にベテラン社員の退職などによるノウハウの消失なども防げるようになり、長期的にも安定した在庫管理が実現できるようになるでしょう。

余分な在庫を減らすことができる

在庫管理システムで在庫管理を一元化すると、余分な在庫を減らすことができるメリットもあります。

在庫管理をシステム上でデータ化することによって、過去の売れ筋などの需要情報をもとに必要な在庫量の予測ができるようになるためです。

特に季節商品や飲食物などの期限があるものでは、効果を発揮します。発注にかかる余分な経費や保管場所の確保などが不要になるため、コストも削減できます。

不足と過剰在庫のリスク軽減に備える手段として、在庫管理システムの導入は効果的だと言えます。

在庫管理システムを導入する際のデメリット

在庫管理システムを導入する際、メリットだけでなくデメリットを確認したうえで、どのようなシステムをどのようにして導入するかを検討することが重要です。

ここからは、在庫管理システムを導入する前に把握しておきたいデメリットとデメリットをカバーするための対策方法について紹介します。

専門知識がないと手間や工数がかかる

在庫管理システムを導入するには、バーコードの作成や貼り付け業務など、導入にかかる作業が負担になる場合があります。

専門的な知識を持たない場合、なにからはじめれば良いのかわからず、導入してシステムによる管理が浸透するまでに手間も工数も必要になります。

また、社内で在庫管理システムを使いこなせるようになるまでに、研修などで社員育成を行ったり、業務中に使い方を随時教えたりする必要があるため、時間を要することも少なくありません。

導入時にはこのような手間や時間が必要になるものの、初期設定が終わってシステムが浸透してしまえば、将来的に工数やコストの削減に役立つのは間違いありません。

そのため、導入を支援してくれるサービスや在庫管理システムのパッケージ購入など、幅広い選択肢の中から自社に合うものを選択することをおすすめします。

システム開発をアウトソーシングする場合は、自社に合うシステムを制作してもらえるように、発注先についてしっかりと検討しましょう。

自社に合わないシステムだと費用対効果が得られない

在庫管理システムは、多種多様な管理方法や機能を備えたモデルが開発されており、パッケージで購入するか、スクラッチで開発するなどさまざまな選択肢があります。

そのなかで、自社に合うシステムを選ぼうとしても、どれが自社に適しているのかわからない場合も多いでしょう。

また、自社の在庫管理方法に合わないシステムを導入すると、システム導入を途中で断念せざるを得なくなるなど、投じたコストが無駄になってしまうおそれがあります。

そのような無駄を防ぐためには、在庫管理システムの開発を得意としている企業の中から、自社の在庫管理方法をよく理解してくれる発注先を探し出すことが重要です。その企業の実績に自社と似た業態への導入があるかどうかを確認することも有効です。

ビジネスマッチングサービスのReady Crew(レディくる)なら、お客様の状況や要望にマッチしたシステム開発会社をご紹介することができます。

完全無料で利用できるため、発注先を探す手間やコストを大幅に抑えることが可能です。

Ready Crewでは、コンシェルジュが直接訪問してヒアリングを行い、お客様の課題抽出やニーズを引き出します。

年間マッチング件数1万件以上を誇る豊富な実績をもとに、在庫管理の課題解決に最適なパートナー企業をご紹介いたします。

相談は何度でも無料で、お電話でのお問い合わせも可能です。在庫管理システムの導入をご検討の際には、ぜひ一度Ready Crewにご相談ください。

お問い合わせはこちらから

まとめ

在庫管理システムを行うメリットは、企業全体の収益力アップや工数を減らすなどのコスト削減だけではありません。

在庫管理の予測やデータの蓄積によって、販売や営業戦略を立てる際の検討材料のひとつとして活用することもできます。

しかし、導入時の手間やコストを考えると、導入に踏み切ることができないという企業も多いのではないでしょうか。

そのような場合には、自社に合うシステムはどのようなものなのかを検討しながら、システム開発を発注する企業を比較することが重要です。