動画マーケティングとは?メリットや成功させるためのポイント


自社サービスを広く世間にアピールするために、動画マーケティングを活用する企業が増えています。しかし、これまでに動画を使ったプロモーション活動をしたことがない場合、どのようなやり方で動画を活用していけば良いのか、わからない方も多いのではないでしょうか。 この記事では、動画マーケティングの概要や重要性などを解説していきます。さらに動画マーケティングを成功させるコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

動画マーケティングとは

動画マーケティングはマーケティング手法のひとつで、動画によって自社の商品やサービス、魅力などを発信することをいいます。

動画マーケティングは、ただ動画を制作して公開するだけではありません。より多くの人々に動画を見てもらうためには、公開する媒体や活用方法などを戦略的に考える必要があるのです。

また動画を公開したあとも、再生回数や視聴者などを分析して次の動画マーケティングに活かしていきます。

動画マーケティングを実施する流れは、以下のとおりです。

・目標を達成するための戦略立案
・戦略に沿った動画の企画制作
・動画を掲載する媒体の選定
・動画を拡散するための広告設計
・動画を公開するためのWebサイト構築
・効果検証

つまり動画マーケティングとは、企画、動画制作、公開、分析のすべての施策を含んだものを指しているのです。

動画マーケティングが重要な理由

なぜ今、多くの企業が動画マーケティングを導入しているのでしょうか。ここでは、企業活動における動画マーケティングの重要性について見ていきましょう。

動画で直感的に魅力を伝えることができる

動画はテキストに比べて、一度に多くの情報を伝えられます。なぜなら音楽、映像、ストーリー、字幕といったさまざまな要素を用いて、商品やサービスの魅力を表現できるからです。

また動画は、視覚と聴覚の両方に訴えられるため、視聴するユーザーの印象に残りやすいのも特徴です。たとえば、テレビで流れていたCMのストーリーや音楽が忘れられなかった経験がある人も多いのではないでしょうか。

そのほかにも、テキストは自ら読み込んで理解する必要がありますが、動画は流れてくる映像をただ見るだけという手軽さがあります。仕事や家事をしながら動画を流し見することもできるため、ユーザー側としても情報を受け取りやすいでしょう。

このように、多くの情報を発信できる動画は、ユーザーの購買意欲を刺激しやすく、次のアクションへと誘導するために最適なツールといえるのです。

拡散が期待できる

インターネットやSNSの普及により、個人が情報を発信できる機会が以前よりも格段に増えています。そのため、動画をおもしろいと感じたユーザーが自分のアカウントで情報を発信することで、動画の拡散を期待できるでしょう。

SNSによる拡散効果は、費用をかけずに多くの人々に動画を視聴してもらえるため、通常の広告運用では予想もしなかった結果を生みだしてくれます。

たとえば、動画が拡散されたことによって通常の何倍ものお問い合せや受注を得ることも可能です。また採用動画なら、自社にマッチした人材からの応募を多く集められる可能性があります。

このように動画マーケティングは、コストを抑えながら大きな結果を得られる優れた手法なのです。

配信プラットフォームを選べる

これまでの動画マーケティングは、動画を配信できる媒体が限られていたため、テレビCMが一般的でした。しかしテレビCMを流すためには莫大な費用がかかるため、予算の限られた中小企業では、配信できるエリアや回数が限られてしまうのが現状です。

現在はインターネットの普及により、動画を配信できる媒体が数多く誕生しています。たとえば、YouTubeやTwitter、Instagramなどです。どの媒体もテレビCMのような費用をかけずに動画配信が可能です。

そのため動画を公開するハードルが大きく下がり、配信プラットフォームも自由に選べるようになりました。またWebサイトにYouTube動画を掲載するなど、複数の媒体を活用して配信することも可能で、より自然な形で動画へと誘導できるようになっています。

動画マーケティングを成功させる3つのコツ

動画マーケティングにはユーザーの興味を引きやすく、結果を出しやすいメリットがあります。しかし、ただ動画を制作して公開するだけでは、思うような成果を上げることは難しいでしょう。

ここでは、動画マーケティングを成功させるための3つのコツを紹介していきます。

1.ターゲットを決めて配信する

1つ目のコツは、ターゲットを決めて動画を配信することです。どのユーザー層に動画を視聴してほしいのかをしっかり決めて、配信プラットフォームを選択しましょう。

たとえば、20代女性と40代男性では、それぞれ利用する媒体が異なってきます。

ターゲットの多くが利用するSNSを活用して動画を配信することで、より多くのユーザーに動画を視聴してもらえるようになるでしょう。

2.冒頭で惹きつける動画をつくる

2つ目のコツは、冒頭で惹きつける動画を制作することです。いくら動画がテキストよりも人々の関心を引きやすいツールだとしても、つまらない動画を見続けることはできません。

動画を最後まで視聴してもらうためには、最初の5秒が重要です。なぜなら、最初の5秒はユーザーがもっとも動画を視聴するタイミングだからです。たとえば、YouTubeで配信されるインストリーム広告は、5秒経過するまでスキップができません。

この5秒の間にユーザーに興味をもってもらえるようなインパクトのある動画を制作することで、動画を最後まで視聴してもらえるでしょう。

動画を離脱することなく最後まで視聴してもらえるようになると、その後のコンバージョン率も高くなります。

3.アウトソーシングする

3つ目のコツは、動画制作をアウトソーシングすることです。ユーザーの興味を引く動画を制作するには、専門的な知識やスキルが必要です。しかしこれまでに動画を制作したことがなく、動画制作に詳しい社員がいない場合、自社で動画を制作するのは難しいといえます。

自社で動画制作ができない場合は、アウトソーシングするのがおすすめです。動画制作のプロに依頼すれば、クオリティの高い動画を制作しやすくなりますよ。

ただし、動画制作を行っている会社は数多くあるため、自社と相性の良い会社を探すことが重要です。依頼者側のニーズを的確にくみ取ってくれて、かつ予算内に高品質の動画を制作してくれる会社を選択しましょう。

しかし、忙しい業務の合間に自社にマッチした動画制作会社を探すのは容易ではありません。さまざまな会社のサービスを比較検討したり、見積もりを依頼したりするのは、片手間でできることではないからです。

 

自社にマッチした動画制作会社を探すなら、Ready Crew(レディくる)へお任せください。レディくるは完全無料のビジネスマッチングサービスとして、お客様の会社にぴったりの動画制作会社をご紹介します。

レディくるのコンシェルジュは、お客様の会社に直接お伺いして、現在の状況や希望を丁寧にヒアリングいたします。数ある動画制作会社の中から相性も考慮しながらマッチングをしますので、お客様が求めている動画を制作できる最適なパートナーが簡単に見つかりますよ。

もちろん、レディくるのコンシェルジュはパートナー企業様を紹介して終わりではありません。依頼する案件が終了するまで一緒に並走しますので、安心してプロジェクトを進められます。

ReadyCrew(レディくる)へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

まとめ

今回は、動画マーケティングの概要や重要性について詳しく解説しました。動画マーケティングは動画を制作するだけでなく、企画から公開後の効果検証までのすべての施策を含んだものを指します。

動画マーケティングを成功させるためには、ターゲットに合わせた配信先を選択し、ターゲットが興味をもってくれるインパクトのある動画を制作することが重要です。

動画制作会社を探すなら、レディくるにご相談ください。コンシェルジュがお客様の会社にぴったりの動画制作会社をご紹介いたします。