全コンシェルジュを統括する営業本部長として、現役プレイヤーとして。何事にも怯まず挑んでいきたい


辛抱強く面倒見も良い全コンシェルジュの相談役として慕われている佐藤。才気煥発な彼女がレディくるコンシェルジュ職を選んだ理由とは。レディくる事業部の本部長として、仕事に取り組む彼女の魅力をご紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

 

「アパレルブランドの首都圏マネージャーから、レディくるコンシェルジュに」

まず初めに、経歴を教えてください

佐藤:大学卒業後、アパレルメーカーに販売スタッフとして新卒で入社しました。ショップ店員から店長へ着実にキャリアアップを果たし、最終的にはエリアマネージャー職への昇格を打診されるまでに。一店舗の在庫管理だけではなく、首都圏の店舗全体の管理を任せたいといわれるのは光栄でしたが、よくよく打診内容を伺うと、職責こそ広がるものの条件は据え置きのままでした。

「どんな仕事に就いても3年間は働いてみろ」と父から厳しく言われていましたし、スタッフとも仲が良く、好きな職場、好きなブランドだったので、条件に対する不満は考えないようにしていました。しかし、ただ業務が増えるだけならば、いっそ異なる分野へチャレンジしてみようと1年後の退職を申し入れたのです。

1年後に退職したい旨を申し出たのは、慕ってくれる複数の部下がいて、すぐに辞めるわけにはいかずきちんと育てたいと考えたから。士気が下がる恐れがあったので退職3ヶ月前までは一切スタッフには伝えず、後進へさり気なく仕事を引き渡しつつ、店長としての業務をこなしました。

退職後、人材紹介会社で働く友人の紹介を通じて、レディくるの運営会社であるフロンティア株式会社に応募しました。

面接時の部長(当時)とレディくるの仕事の意義について伺ううちに、レディくるコンシェルジュとして働いている自分の姿がごく自然と沸きました。そして、計3回面接を受けた結果、晴れて採用していただけることに。

前職では苦労も多かったですが、今はコンシェルジュの仕事自体にも楽しみを感じているので、この6年間に後悔はありません。とても充実した日々を過ごしています。

 

 

 

「初めてのお客様から学んだこと」

コンシェルジュとして印象に残っていることを教えてください

佐藤:初アポがそのまま初受注につながり、また別の機会に初めてお叱りを受けた経験がそのまま今の私の教えにつながっていることです。テレアポ自体が初めての経験の中、無我夢中で訪問のチャンスを与えてくださったのが、トヨタホーム東京様でした。

訪問当日は先輩に付き添ってもらいましたが、初めてのアポイントにも関わらず初受注までしていただき、加えて感謝の言葉までいただけて……。もちろん、先輩のサポートありきですが、右も左も分からないながらもトヨタホーム東京様のお役に立てたことで、世の中におけるレディくるサービスの意義を実感しました。また、経験を積むうちに500万円という初受注額の大きさに気づいて、あらためて驚かされました。レディくるは成果報酬ではありませんが、初アポが初受注につながった理想的な成功例といっていいはず。トヨタホーム東京のご担当者様とは今でもお世話になっています。

ちなみに、ご担当者様がお困りだったのは、会社案内用パンフレットをはじめ、トヨタ系列会社が利用していた、名古屋の広告代理店が手がけたデザイン全般。また、首都圏で使用する広報・広告関連ツールなのに実制作が名古屋では小回りが効かず発注する理由がないので、制作会社まるごとを変えたいという大胆なご要望でした。そこで、当社でも選りすぐりのパートナー企業をご提案したところ、そちらへのご依頼を決めていただいたとのご連絡が。ご提案した制作会社が作成した会社案内も大変気に入ってくださり、しばらく使い続けてくださいました。パートナー企業様を2社ほどご提案したのですが、もう1社の企業様にもポスター制作の依頼をしてくださって、それこそレディくるをフル活用いただいております。

その反面、いまなお戒めとしているのが、慣れてきた2年目くらいにノルマと数字を気にしていることをお客様に見透かされて、「なんのために紹介しているの?」と問われたこと。そのとき、お客様のお言葉をすぐに否定できませんでした。初めてご縁をいただけたとき、あれほどうれしかったはずなのに、いつしか初心を忘れてしまったた結果、お客様のご不満・ご不信へつながってしまいました。

今でも仕事で行き詰まったときに思い出しますね。だけど、叱ってくださったお客様の方が結果的に仲良くなり、気にかけてくださることが多いです。あのときは厳しく言ったけど、良いパートナー企業をたくさん提案してくれてありがとう、だとか。

 

 

「サービスの成長、部下の成長。そのどちらも大切にしたい」

今後の展望や抱負を聞かせてください

佐藤:レディくるサービスをより多くの人にお役立ていただき、部下である全てのコンシェルジュの人生も豊かにすることです。現在、レディくる全コンシェルジュを統括する営業本部長を務めています。部下に願うのは、自分のためではなく、お客様のために動いてほしいこと。人のために動けるのが上に立つ立場であり、お客様のみならずコンシェルジュの人生をも豊かにしたいと考えています。近しい存在と少し言い合いになったこともありますが、すべてはより良い会社、より良い仕事のため。日々頑張っているところです。

ありがたいことに、私が担当するお客様は事業部でも1、2を争うほど多く、1000社はゆうに超えています。

私にとってコンシェルジュとは、気軽な相談相手であるべきだと考えています。中には、ウェブ会議で失礼のないように、デモ練習につきあってほしいとおっしゃるお客様も。(笑)レディくるの営業スタイル上仕事ではない、個人的な悩みから社内の愚痴、部下や上司に対する不満まで、色々とお話いただく機会が稀にあります。当社の代表もつねづね申しておりますが、「小さいことで良いので人の人生を変える手助けをしたい」、「その価値がある仕事に就いていることを部下に伝えていきたい」、と思います。

趣味は仕事と断言できるほど、レディくるの仕事が大好きです。役職が上がったこともあって、最近は人を育てるのに大切な要素が書かれた「ザ・モデル」というインサイドセールス関連の本を読みました。無限の可能性を秘めたレディくるの近い未来に当てはめつつ、今後は自分が事業を立ち上げて育てていかなければいけないなと痛感しています。

 

 

 

 

「個人向け・法人向け問わず、化粧品メーカーのお客様が多いです」

得意分野について教えて下さい

化粧品メーカーのお客様が多く、知識も広がってきているので、一コンシェルジュとして極めていきたいですね。toB、toCともにお客様がいらっしゃって前者はヘアサロン向けに卸売りを行う会社様、後者は資生堂様や花王様など。美容師が使うカラーシミュレーションサイトを制作する案件だったり、新製品のブランディング用映像の制作だったり。現状は業界特化型ながら、今後は汎用性をより高めて製造業や学校、人材派遣、IT関連など、新たな分野への活用提案に応用していきたいですね。

 

※編集後記
営業本部長としての日々を満喫する佐藤。そんな彼女が誰よりも輝いてみえるのは、それだけのこだわりと情熱を注げられる仕事に就いているから。しかし、醸し出す空気からは親しみやすさを感じられます。飾らない性格に魅力を感じているのは、社内・社外を問いません。