信頼関係を築き一歩踏み込むことで、本当に喜ばれる“答え”が見つかる


今回は、常に全力投球で『レディくる』コンシェルジュとして躍進する、谷に話を聞きました。お客様とパートナー企業様、双方の立場や思いに想像力を働かせ、「どちらにとっても良いご縁になるように」と話す谷。そんな彼女が見せる、最適なマッチングを導くための徹底したこだわりをご紹介します。


この記事は約5分で読み終わります。

 

 


「たくさんの出会いを糧
に仕事と向き合い、新たなご縁をつなぐ」

――これまでのご経歴と、フロンティアを選ばれた理由を教えてください。

谷:フロンティアには、新卒で入社しました。

就職活動に臨むにあたり学生時代を振り返ってみると、スポーツやバンド、サークル活動などやりたいことには何でも挑戦し、全力でのめり込んできた日々でした。そして、私が本気で頑張れた原動力は、「尊敬できる人たちと出会って一緒に打ち込むことで、努力した分大きなものが得られる“環境”」だったと、気がついたんです。

そこから、自分が取り組んだ分だけ成果を出せて評価される環境、という軸で企業を探す中でフロンティアに出会い、自分が働くイメージや雰囲気を踏まえて入社を決めました。

現在は、お客様から直接ご相談をいただき、またパートナー企業様をご紹介させていただく中で、たくさんの人と出会えることの楽しさを実感しながら、仕事に取り組んでいます。

 

「良いご縁をつなぐには、間に立つ自分が一番踏み込んで理解を深めなければいけない

――レディくるのコンシェルジュとして心がけていることはありますか?

谷:お客様とパートナー企業様の双方にとって良い出会いの場を設けるために、詳細な情報を引き出すヒアリングを特に大切にしています。

案件の予算感、スケジュール、イメージといった基本的な情報だけでなく、「お客様の社内でお話がどのくらい進んでいるのか」「情報収集をされてきた中でどのような企業様が良いと思えたか。逆に決断に至らなかったポイントは何か」「以前同様の目的で施策を打たれた時は、何が課題として残ったのか」など、踏み込んだところまでお話を伺うようにしてきました。

そういったポイントはパートナー企業様としても知りたいところですし、また多くの選択肢がある中で精度の高いマッチングを実現するには、より細かなご要望が必要になります。ここで私が遠慮してしまうと、パートナー企業様とおつなぎした後にイメージの相違が生まれてしまうので。より良い出会いのためにも、間に立たせていただく私が一番踏み込まなければいけないと思っています。

 

――深い情報を引き出せる関係性を築くために、特に意識されていることがあれば教えてください。

谷:まずは、気軽に相談できて頼りになると思っていただけるように、飾らずにいつも通りの自分でお話しすること。そして自信を持って商談ができるように、とにかく入念に準備をすることを意識しています。

条件に合うパートナー企業様をお探しし、各企業様への理解を深めておくのはもちろんのこと、すでに伺っているお困りごとのほかに課題がある場合にも対応できるように「他にこのような需要があれば、この企業様をご提案してみよう」と幅広く選択肢を用意したり。また他の企業様の動きなども知識として蓄えながら、「広報領域では、自社のWebサイトに掲載するコンテンツ制作の動きが活発になっています」など追加の情報までお渡しできるようにしたり……こういった工夫と経験を重ねて、若手であっても頼りになると思っていただけたら嬉しいですね。

 

 

 

「頼っていただけたからには、何か少しでもお力になりたい

――これまでのお仕事の中で、印象に残っているマッチングやお客様の声を教えてください。

谷:特に印象に残っているのは、地域特産作物を活用した食品製造・販売を手がける企業様とのお仕事です。初めにお電話を差し上げた時は、なかなかレディくるのサービスをご理解いただけなかったのですが、お話の機会を重ねる中で少しずつ、お客様のお困りごとや社内で動いている施策のお話を聞かせていただけるようになって。やがてオンライン商談のお約束をいただきました。

マッチングだけが全てではなくコンシェルジュを通した情報収集の手段としても良かったと、レディくるの良さを実感していただくためにも、特に念入りに準備を進めて。課題にマッチするパートナー企業様を複数挙げ、ご条件に加えて「同業他社様がどの企業様と協業されているか」まで細かにお伝えしていきました。

その結果、お電話で伺っていた課題のほかに新たなお困りごとでもご相談をいただくことができ、今はご紹介を終えて「おかげで本当にいい企業様と出会うことができ、順調に話を進めています」と嬉しいご報告をいただいたところです。

お時間をいただいたからにはお役に立ちたい、という思いが実ってほっとしましたし、喜びのお声を聞けて、本当にこの仕事をやっていて良かったとやりがいを感じられた経験でした。

 

お客様とパートナー企業様、双方にとって良いご縁になるように

――レディくるコンシェルジュとしての今後の目標を教えてください。

谷:一つの商品を一律でおすすめするのではなく、お客様のご状況に合わせて柔軟にパートナー企業様をご紹介できることが、レディくるの何よりの魅力です。私にとって自信を持ってお届けできるサービスなので、まずは世の中のたくさんの企業様にこのサービスの良さをしっかりと広めていきたいと思っています。

また、これからもお客様、パートナー企業様の双方に良いご縁を喜んでいただけるように。私自身ももっと勉強して、お困りの時に頼っていただける立場を目指して頑張っていきたいです。