導入事例 > 案件カテゴリ:

  • WEB

サイトリニューアルでスクロール率やCV数が大幅アップ。「発注先探しはレディクルに相談」という新しい選択肢

小田急電鉄株式会社

写真左から:小田急電鉄株式会社 生活事業推進部 課長代理 諸星 幸宏様、
フロンティア株式会社コンシェルジュ 石井 夏鈴、小田急電鉄株式会社 生活事業推進部 番井樹莉様

小田急電鉄株式会社

お客さまの「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」の実現に貢献することを経営理念に掲げる小田急電鉄株式会社様。生活サービス部門の事業のひとつとして、24時間出し入れ可能なレンタル収納スペース「小田急クローゼット」を展開しています。 今回は小田急クローゼットのサービスサイトをリニューアルするにあたり、レディクルをご活用いただきました。サイトをリニューアルした結果、サービスの内覧予約数が格段に上昇し、「駅名×トランクルーム」のキーワードではサービスサイトが1ページ目に表示されるまでになりました。小田急電鉄株式会社 生活事業推進部 諸星様と番井様に、レディクルの使用感や成果を伺いました。
目的
  1. サービスサイトをリニューアルし、認知拡大、導線をスムーズにしたい
  2. SEO対策にも予約システムの構築にも精通している企業を探したい
課題
  1. 既存の取引先以外で、条件にマッチする発注先企業の探し方がわからない
  2. ターゲット層の認知拡大に苦戦しており、CVまでの導線が悪い
効果
  1. 熱量が高く、親身になって対応してくれる発注先企業に出会えた
  2. SEO対策の強化、導線の改善で内覧予約数が約5倍になった

担当コンシェルジュ 石井 夏鈴

今回ご相談いただいたサービスサイトリニューアルの案件は、社内の工数削減とともに、SEO対策にも繋げたい!という内容でした。単なるクリエイティブの会社ではなく、マーケティングやシステム観点の知見がある企業様を中心に企業紹介をさせていただきました。多方面のご要望に応えられるよう、日々精進してまいります。

サービス認知と内覧予約までの導線向上を目的に、サービスサイトをリニューアルしたい
― 生活事業推進部 番井樹莉様

サイト制作だけでなく、マーケティングやシステムにも詳しい企業をコンシェルジュがご紹介

ー小田急電鉄株式会社様が展開する「小田急クローゼット」において、抱えていた課題を教えてください。

番井様:小田急クローゼットは約20年前に事業を開始して以降、ほぼ満室稼働してきました。しかし2021年の価格改定の影響もあり、少しずつ空室が目立つようになったことが課題です。これまでは常に満室稼働だったため、既存の利用者様以外にサービスがほとんど認知されておらずプロモーションが急務となりました。

諸星様:弊社の施設は設備面などにおいても非常に充実しており、これまでも一度内覧にお越しくださった方の契約率は非常に高い状況でした。そこで、サービス認知向上のためにSEO対策を行い、よりスムーズに内覧予約ができるサイトにリニューアルすることを決めました。

ー理想とするサービスサイトのイメージはありましたか?

番井様:サイトの要件には、主に「サービスの強みが明記されていること」「内覧予約までの導線がスムーズであること」「SEO対策の強化」を挙げていました。

諸星様:デザイン面で出していたリクエストは、ターゲットである40代ファミリー層に受け入れられるものであること。小田急クローゼットの強みでもある清潔感のある空間や安全のイメージにマッチする、シンプルながらもおしゃれなデザインを希望していました。

ーレディクルを活用するに至った経緯を聞かせてください。

番井様:上司が展示会でレディクルの担当者の方と挨拶をさせていただいたことが、サービスを知ったきっかけです。これまでは既存の取引先企業へ発注することがほとんどだったのですが、SEO対策にも予約システムの構築にも精通している企業は少なく、今回新たな発注先を探す必要性を感じていました。まずはWeb検索や知人の紹介を通じてサイト制作を依頼できる企業を探してみたものの、希望する条件にマッチする企業はなかなか見つからず……。

新規の発注先探しに悩んでいたときに、展示会に参加した上司から「発注先企業を紹介してくれる会社がある」と教えてもらい、まずは一度レディクルに相談してみることにしました。

石井:番井様からご相談をいただいた後に、Web会議でのヒアリングを経て、サイト構築からクリエイティブまでを一気通貫で行っている制作会社を含め、複数社をご紹介させていただきました。SEO対策や予約システムの導入を希望されていたため、サイトを制作するだけではなく、マーケティングやシステムにも詳しい企業をピップアップしました。

小田急電鉄株式会社
サービス認知と内覧予約までの導線向上を目的に、サービスサイトをリニューアルしたい / 生活事業推進部 番井樹莉様
サイトをリニューアルした結果、内覧予約数が約5倍に。
― 生活事業推進部 諸星幸宏様

圧倒的な熱量でプレゼンテーションを行った企業とマッチング

ー今回は、レディクルからご紹介させていただいたO社様を発注先にお選びいただきました。O社様を選んだ決め手は何でしたか?

番井様:O社様から圧倒的な熱量を感じたことが決め手になりました。発注先を決めるにあたり、コンシェルジュの石井さんからご紹介いただいた発注先候補企業と、既存の取引先を含む複数社でコンペを開催しました。どの企業様の提案も非常にクオリティが高いものだったのですが、なかでもO社様は80ページにも及ぶ資料を用意し、ページ構成の提案だけでなく、既存サイトの分析をもとに課題の解決策やデザインの具体案まで提示してくださって。こちらの期待をはるかに超える提案に圧倒されました。

諸星様:さらにスケジュール管理がしっかりしていた点も、O社様を選んだ決め手のひとつです。今回はタイトなスケジュールでの依頼だったのですが、初回の時点で始まりから終わりまでの予定表を作成してくださいました。発注後の流れをイメージしやすく、スケジュールが変更になったときには「こうするのはどうでしょう」と提案までしてくださったので安心して依頼できました。

私たちのやりたいことを親身になって理解しようとする姿勢も好印象で、実際にお取引が始まってからも誠実さを感じる企業様でした。

石井:O社様はこれまで他に紹介した企業様からも大変良い評価をいただいていました。諸星様と番井様のポジティブなご感想を聞いて、あらためて実力のある企業様だということを実感しています。小田急電鉄株式会社様のご要望とレディクルの過去の紹介事例を照らし合わせることで、ご満足いただけるマッチングになり嬉しく思います。

小田急電鉄株式会社
「小田急クローゼット」サービスサイト

ーサイトリニューアル後の反響はいかがでしたか?

諸星様:サイトページを9割以上スクロールした数値は27.5%アップ、月の平均内覧予約数は約5倍になりました。

ターゲットである新規のお客様を意識して、トップページには「駅チカ」「屋内型のトランクルーム」などサービスの強みを表示する仕様に。サービスに興味を持っていただいた方がスクロールし、価格や契約の流れ、施設の場所などの知りたい情報をスムーズに確認できる導線にした結果が数値として現れて嬉しく思います。

「駅名×トランクルーム」の検索結果順位は平均4.38位まで上がり、多くの施設が検索結果の1ページ目に表示されています。一般的にSEO対策は数ヶ月後に結果が出てくるものだとされているため、リニューアルしてからまだ間もない状況で、既に結果が出始めていることに驚いています。SEO対策のひとつとしてO社様からご提案いただいたブログ記事からの流入も多く、効果を実感しています。

番井様:既存の利用者様からも「何ができるのかがわかりやすくなった」「デザインがおしゃれになった」とお褒めの言葉をたくさんいただきました。

トランクルームはまだ世間では認知度が低いため、使い方のバリエーションをイメージしていただけるように撮り下ろした写真を挿入したり、施設マップを設置したりしたことも内覧予約数が増えた要因のひとつだと考えています。

諸星様:リニューアル後のサイトは社内からも大変好評で、他の事業部の担当者もO社様にサイト制作の依頼をしたそうです。

小田急電鉄株式会社
サイトをリニューアルした結果、内覧予約数が約5倍になりました。 /生活事業推進部 諸星幸宏様
レディクルの担当コンシェルジュは頼れる先輩のような存在
 ― 生活事業推進部 番井樹莉様

発注先候補企業を紹介するだけでなく、他の解決策やアドバイスも提示

ーレディクルの担当コンシェルジュの印象を聞かせてください

番井様:ビジネスマッチングエージェントを利用するのは初めてで最初は不安でしたが、石井さんのレスポンスがとても早くて安心できました。私たちが希望するサイト要件についても隅々まで理解した上で発注先候補の企業様に伝えてくださっていたので、各社との初回の打ち合わせをとてもスムーズに進められました。

石井さんはスケジュールや予算面についても提案してくださり、最適解を見つけてくださる方だという印象を持っています。今では頼りになる先輩のような存在です。

ーレディクルを使ったことによる付加価値はありましたか?

番井様:これまで弊社では、既存の取引先企業に発注するのが風習のようになっていました。今回レディクルを活用したことで社内の視野が広がり、より良いものをつくるため、新規の企業様にも積極的に発注する風潮が生まれました。

諸星様:発注先の選択肢が増えたことで、これまで以上に弊社が求めるクオリティと予算感にマッチした企業と出会えるようになり、結果として経費削減にも成功しました。

石井:レディクルは選択肢を広げるお手伝いをしているので、新たな一手を提供できたようで嬉しく思います。

ーどんな方にレディクルをおすすめしたいですか?

番井様:「課題は明確化しているけれど解決策がわからない」という方にぜひおすすめしたいです。レディクルなら適切な企業を紹介してくださるだけでなく、他の解決策やアプローチ方法までも提示して、親身にアドバイスしてくださいます。探す時間が確保できないから既存の取引先に……となっている方こそ、発注のプロの力をかりることでこれまで以上に求める条件に合致した企業様に出会えると思います。

石井:ありがとうございます。「なんとなく困っているけれど、どうしたらいいのだろう」と課題がまだ曖昧な場合でも、一度ご相談いただければ一緒に考えながら最適な企業様をご紹介いたします。

ー今後の事業展望を聞かせてください。

番井様:まずは小田急クローゼットの満室稼働を目指して、引き続きサービスサイトの流入を増やしていきます。綺麗なサイトが完成したので、次は施設流入までのプロモーションにも注力していきたいです。

また、トランクルームの可能性自体も広げていきたいです。今後は場所を貸し出すだけでなく、場所と何かを掛け合わせた新サービスを立ち上げられるように動いていきたいと考えています。

小田急電鉄株式会社
小田急クローゼットの満室稼働を目指すと同時にトランクルームの可能性を広げていく

小田急電鉄株式会社

業種:交通・レジャー

事業内容
鉄道事業、不動産業、その他事業
設立
1948年6月1日
従業員数
3,712名
Webサイト
https://www.odakyu.jp/