マッチング実績.

「ご相談のあらゆる過程で信頼が積み重なっていた」コンシェルジュに感じる安心と心地よさが、初めての協業の後押しに

住生活関連企業 3社を傘下に有するグループの持株会社として、2021年4月に設立された 株式会社 シック・ホールディングス様。現在は決済ソリューション事業を主軸としながら、「暮らしのプラットフォーム」の創造に向けた新サービス開発にも取り組まれています。

今回は、組織再編に伴いインナーブランディング施策を展開されるにあたり、「レディくる」をご利用いただきました。「レディくる」をどのように活用し、どのような成果を得られたのか。「レディくる」コンシェルジュの佐久間と共に、同社 広報ご担当者様に話をうかがいました(以下敬称略)。


【人物紹介】
画像右 株式会社 シック・ホールディングス 広報ご担当者様
画像左 フロンティア株式会社 レディくる事業部 佐久間 麻未

※「レディくる」は、新型コロナウィルスの感染対策に一層注意を払っています。取材に参加したメンバー全員が検温消毒を徹底し、取材時もソーシャルディスタンスを保っています。また記事内の画像につきましては、ご担当者様の許可のもとインタビューカット撮影時の数分のみマスクを外し、それ以外はマスクを着用しています。

【導入企業紹介】
株式会社シック・ホールディングス
住生活関連ビジネスを手がける企業グループの持株会社として、2021年4月に設立。現在は決済ソリューション事業を主軸に展開。「10年後、暮らしのプラットフォームを創造しユーザー1,000万人を目指す。」を経営ビジョンとして掲げ、新サービス開発にも取り組む。

ネットワークの幅広さとマッチングの精度への信頼感から、他部署の困りごとにも「レディくる」を紹介

インタビュアー:まずはご担当者様が担われているお役割や仕事内容について、お聞かせください。
広報ご担当者様:当社グループは、2021年4月にホールディングス体制に移行し、「暮らしを豊かにする」をテーマに様々な住生活関連事業を手がけてきた3社を傘下に収める形で設立されました。私はホールディングス所属の広報・IR担当として、グループ会社の管理業務やIR領域、社内外に向けた広報業務などを担当しております。
インタビュアー:2年ほど前にお電話させていただいたことが「レディくる」を知るきっかけだったとうかがっていますが、当時のことは覚えていらっしゃいますか。
広報ご担当者様:お電話をいただいたのは、組織再編で体制が大きく変わった第二創業期とも言える頃のことでした。ちょうど、これからのグループの “色” を表現していくために、既存のホームページをリニューアルしたいと考えていたタイミングだったんです。

面談でのヒアリングを経て、実際にホームページ制作をお願いできる制作会社様をご紹介いただきました。制作会社と一口に言っても本当に幅広い企業様がいらっしゃる中、費用や構成・ボリュームのイメージに合う方をご紹介いただけたのがとてもありがたかったですね。

残念ながら発注には至らなかったのですが、「web制作やデザインなど、私の担当領域に関わる企業様をたくさん知っていらっしゃること」「要望にマッチする企業様を複数社ピックアップしていただけるので、比較検討ができること」など、良い印象が残ったのを覚えています。
佐久間:その後も定期的にご連絡をさせていただく中、一度は他部署の方をご紹介いただいたこともありました。
広報ご担当者様:そうでしたね。グループ会社でロゴのデータ整理とマニュアル作成をお願いできる企業様を探している、というお話を聞いて。「デザイン会社様とのつながりをお持ちで、見積りのご相談だけでものっていただける方がいますよ」と、「レディくる」さんをご紹介しました。
すでにお付き合いのある企業様にもお声がけしていたそうですが、ご対応力や費用面などを総合的に見て、最終的には佐久間さんにご紹介いただいた企業様に決まったんですよね。

既存のお取引がある中でご紹介企業が選ばれたことはもちろん、「とても綺麗なマニュアルを作っていただいた」という喜びの声も聞いて、やはり良い企業様を紹介してもらえるのだなと「レディくる」さんへの信頼感が深まりました。
その後は私からも何か困ったことがあれば、こまめにご相談するようになりましたね。
株式会社シック・ホールディングス

社員に喜んでもらえ一体感を生み出せるような、質の高いノベルティ制作を依頼したい

インタビュアー:昨年8月には、ノベルティ制作について「レディくる」にご相談いただきました。当時はどのような課題感やご要望をお持ちだったのでしょうか。
広報ご担当者様:ホールディングスの設立をきっかけに、インナーブランディングの施策を実施したいと代表から声が上がっていて。新体制になるタイミングであり、またテレワークが定着してきてもいるので、ノベルティを制作して改めて社員のモチベーションを高め、一体感を醸成したいと考えていました。

“一体感” という意味で、ボールペンなどではなく身につけられるものを考えており、社員に気に入ってたくさん着てもらうためにも、生地までしっかりと作っていただけるようなアパレル系の企業様を探したかったんです。そこですぐに佐久間さんにご連絡させていただきました。
インタビュアー:佐久間さんは、このご要望に対してどのようなお考えで企業様を選定されたのですか。
佐久間:ヒアリングの中で、代表の方を含め皆さまデザインがお好きだとうかがっていたので、特にデザイン力が強い企業様で、かつインナーブランディングに強みをお持ちのところをお選びしようと考えました。

今回ご発注いただいた制作会社様は、これまでにも「レディくる」でご紹介させていただいた発注実績があり、デザイン力とご対応力の面で自信を持ってご紹介できる企業様でした。
株式会社シック・ホールディングス

紹介企業とコンシェルジュへの信頼感が発注の決め手「技術・ご対応力の両面から理想を叶えてくれた」

インタビュアー:今回の制作会社様へのご発注の決め手は何でしたか?
広報ご担当者様:お打ち合わせでサンプルをたくさんお持ちいただいて、素人目ではありますが生地を拝見した際に「しっかりとした良いものを作っていただけそうだ」と感じました。

最終的に制作したノベルティ以外にもPCケースやかばんなど様々な選択肢をご提案いただけたこと、本番制作前にもサンプル品を出して確認を経てから進めていただけることなど、「この企業様ならご対応に安心できる」と思えたことも大きかったですね。他の企業様へのご相談は検討せず、今回の制作会社様一社のみで進めさせていただきました。

今回、私自身が「レディくる」さんを通して発注するのは初めてでしたが、これまで発注には至らずともその過程で佐久間さんに対する信頼感が積み重なっていたんです。「佐久間さんと一緒にお仕事をしたい」と思えていたことも、不安感なく発注を決められた一因だったかなと振り返ります。
インタビュアー:ノベルティ制作を終えられて、満足度や皆さまのお声としてはいかがですか。
広報ご担当者様:制作会社様とはデザインに対するフィーリングが最初から合っていた感覚で、スムーズに進められました。また生地が良いのはもちろん、上下両開きのチャックを採用したりプリントではなく刺繍を施したりと、ディティールまで柔軟にご対応いただけたのがありがたかったですね。
仕上がりも、「アパレルのプロに依頼して、しっかりしたものを作りたい」という理想通りになったと思っています。社員も喜んでたくさん着てくれていて、私も嬉しい限りです。

「合う」コンシェルジュの紹介だからこそ、初めての企業様との協業もうまくいく

株式会社シック・ホールディングス
インタビュアー:あらためて、「レディくる」を利用するメリットは、どのような点にあると思われますか。
広報ご担当者様:まずは企業様を知るための窓口が広がる点が大きなメリットです。自分で探すにもかけられるリソースに限りがありますし、取り組みの規模感やこだわりまでふまえて合う企業様を探すのは難しいですから。私の代わりに、良い企業様を見つけていただけるのがありがたいなと思っています。

またふんわりとしたご依頼でも、「詳細が決まったらご連絡ください」ではなく「一度探してみますね」と動いてくださるところに非常に助けられています。まだ詳細が決まっていなくても、まずは相談してみようと思える安心感がありますね。
インタビュアー:「レディくる」コンシェルジュの佐久間さんには、どのような印象をお持ちですか。
広報ご担当者様:いつも明るくてお話がしやすいので、ご相談がしやすいのはもちろんですし、こちらの目線や立場を想像しながら波長を合わせていただける心地よさを感じます。やはり一緒にお仕事をするなら、費用などの条件が合うことよりも「同じ目線で対話ができる」「コミュニケーションがスムーズにとれる」ことの方が大切だと思うので。まさにそれを体現してくださる佐久間さんの観点が入ってのご紹介だからこそ、初対面の企業様ともうまく協業できるのかなと感じます。

もちろん今後も継続してご相談させていただきたいですし、佐久間さんに対する信頼があるからこそ、他部署で困っていることがあればまたご紹介もしていけたらと思っています。引き続き、よろしくお願いいたします。
【担当コンシェルジュのご紹介】
名前
佐久間 麻未

経歴
四年制大学卒業後、大手証券グループ会社に就職し事務職に従事。事務パートメンバーの業務やシフト管理などの10名規模のチームマネジメント業務を担当。市場価値をさらに高めるため営業職を志し、2020年1月にフロンティアに転職。
アクションするまでのスピード感と得意領域を狭めず幅広く担当することを強みとしており、大手食品メーカーの年間数千万単位の大規模なプロジェクトの相談もマッチングした実績を持つ。前職の経験も活かして、営業プレイヤーとしてだけでなく3名のチームリーダーも担当し現在に至る。

コンシェルジュより
様々な企業様、ご担当者様と出会える「レディくる」に惹かれ、入社致しました。
お客様ご自身で気付けない部分の課題含め解決するため、ニーズやお悩みを引き出し、寄り添ったご提案を心がけています。
第三者目線でお話しができる為、「レディくる」を通し、正しい情報や市場の流行りなどをお役立ちできるご情報含め、ご提供出来ればと思います!
困ったことがあったら「レディくるの佐久間」と思い出していただけるよう、全力を尽くします!お気軽にご相談頂けますと幸いです!

(撮影/古宮 こうき 取材/伊藤 秋廣(エーアイプロダクション) 文/永田 遥奈)
Now Loading