動画制作の企画書の作り方とは?必要な要素とポイントを伝授


社内で動画制作を初めるにあたり、まずは企画書を作成しなくてはいけません。多くの人の共感を得られる企画書に仕上げるためには、どのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。 今回の記事では、動画制作にあたっての企画書の作り方とポイントを詳しく紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

動画制作に企画書が必要な理由

企画書とは、プロジェクトを行う際の概要やスケジュールをまとめたものです。動画を制作する前には、動画の方向性を示すために、企画書を作る必要があります。

動画の作成は、社内で行う場合・発注する場合などさまざまですが、いずれの場合も動画のイメージについて社内の全員が共通の認識を持っていなくてはなりません。企画書は、共通認識を持ち、意思統一を図るのに必要不可欠なのです。

また、企画書は、動画が完成するまでのスケジュール調整やコストの承認を行うための判断材料でもあります。特に、発注をすることでコストが大きくなるようであれば、経営陣の承認が必要なケースも考えられます。

動画制作によって、自社が得られるメリットも取り入れながら、誰もが納得できる内容の企画書を作成することが、思い描いた動画の完成につなげられるのです。

動画制作の企画書に必要なものは

企画書にどのような内容を盛り込むと、魅力ある動画制作ができるのでしょうか。必要な項目と内容を詳しく見ていきましょう。

目的・ゴール

最初に明確にしたいポイントは、動画を制作することで達成したい目的・ゴールです。この2つがはっきりしていないと、企画の目的や意図が伝わらなくなってしまいます。

目的・ゴールは曖昧な内容にせず、できるだけ具体的に決めます。たとえば、購入の促進、新商品のPR、優秀な人材の募集、企業の認知度アップなど、はっきりとした文言で示せる内容で表すのが適切です。

漠然とした状態で進めてしまうと、制作を進めてもやり直しになったり、想定していた仕上がりにならなかったりする可能性があります。伝えたい目的・ゴールはできるだけひとつに絞り、誰が見てもわかりやすい内容になるよう心がけましょう。

ターゲット像

目的が決まったら、次にターゲット像を設定します。ターゲット像を具体的に決めるには、ペルソナ設定を行うことが大切です。

ペルソナを作る際は性別や年齢層だけでなく、居住地域、職業、趣味、家族構成、価値観、関心事、生活スタイルなども設定していきます。これらを細かく設定すると、動画制作によって目指したい戦略が立てやすくなります。

媒体

動画が完成したのち、どの媒体を使って配信するのかも、企画書に記載しなくてはいけません。活用できる媒体には、自社サイトだけでなく、テレビ・SNS・動画投稿サイトなどが考えられます。さらに、SNSにはTwitter、YouTube、Instagram、Facebookなどがあり、それぞれの特性を考慮しながら選ぶことが必要です。媒体によって、動画の長さや内容が変わり、それに伴いターゲット像も変わってきます。

また、メインの媒体をSNSとしていても、のちに予定外の使い方をする可能性があることも心得ておきましょう。たとえば、商品発表会において大画面を使って動画を紹介するケースです。

実践!動画制作の企画書作成方法

企画書に必要なものがわかったところで、次は企画書を作成する流れを紹介します。この流れに沿って作成すると、スムーズに進められるでしょう。

1.目的、ゴール、ターゲット像、媒体の整理
先述したように、目的やゴール、ターゲット像、使用する媒体の選定などを行います。この段階が、その後の流れを決める重要なポイントとなります。特に目的が最も大切であり、動画の骨格をなすのです。

2.伝えたいメッセージを決める
目的などが決まったら、動画を通してどんなメッセージを伝えたいのかを決めます。このとき、メッセージはできるだけ1つに絞ります。メッセージが多いと、見る側の印象に残りにくくなるためです。

メッセージに取り入れたい内容としては、商品やサービスの特徴や強み、差別化のポイントなどが中心です。長時間の動画にならないように、伝えたいメッセージを端的に伝えられる内容にしましょう。

3.動画の内容を決める
メッセージを決めたら、伝えるために動画の内容をどのようにしたらいいのかを詰めていきます。動画の構成によって、長さや時間が変わってくるため、かけられるコストから逆算して内容を決めるのも方法のひとつです。

さらに、動画を配信するSNSの特徴によって内容を使い分けることも大切です。例えば、TwitterやInstagramは若者向け、YouTubeは幅広い年代向け、Facebookであれば30代から40代のビジネス層に適しています。これらを吟味し、どのSNSが合っているのかを検証しましょう。

4.参考動画を探す
動画の内容を決めたあとも、動画作成初心者が具体的に脚本や流れなどを一から考えるのは、かなり困難です。そこで、すでに導入されている動画を探して参考にする、イメージがつかみやすくなります。特に同業他社で動画を取り入れている企業があれば、有益な情報を手に入れられるでしょう。

アウトソーシングする場合も、希望する動画のイメージを伝えると、方向性を共有できます。参考にする動画は、ひとつに絞るのではなく、複数の動画をチェックするようにしましょう。

5.絵コンテを作る
絵コンテとは、簡単なイラストに内容やセリフ、ナレーションなどを書き加えた台本を指します。絵コンテがあると、文章のみで説明するよりも、動画の意図を伝えやすくなるため、できるだけ作ることをおすすめします。

絵コンテはフリー素材を組み合わせるだけでも問題ありませんので、内容がわかれば大丈夫です。

良い動画制作の企画書作成のポイント

企画書を作る際に、どのような点に気をつけると、納得のいく動画制作につなげられるのでしょうか。ポイントを見てみましょう。

フォーマットにこだわりすぎない

特に、企画書を作るのが初めての場合には、どうしてもフォーマットを気にしてしまう傾向があります。ただ、フォーマットは必要以上にこだわらなくとも問題ありません。

重視すべきなのは中身であり、見やすい形式であれば大丈夫です。Googleスライドやパワーポイントなどを活用すると、見やすい仕上がりになります。

「何のために」かはっきりさせる

動画を作るのは何のためなのか・何を解決したいのかをはっきりさせることも、重要なポイントです。ただ言いたいことをアピールするだけの動画では、見る側からの共感は得られません。最終的に動画を見るのは消費者であることを忘れずに、動画づくりを進めていきましょう。

 

自社での動画制作が難しい・動画制作におけるパートナーや相談相手を探したいなどのお悩みがあれば、ぜひReadyCrew(レディくる)へご相談ください。レディくるは、相性まで合う最適なビジネスパートナーと出会うための、完全無料のビジネスマッチングサービスです。コンシェルジュが1社1社に直接足を運び、企業ごとの「ほしい」を常にアップデートします。これにより、20,000社以上の中から、ニーズだけでなく相性も合う最適なパートナーを見つけることが可能です。

動画制作を全て内製するのがむずかしい場合は、企画の段階から全てをサポートしていただける制作会社様に依頼するのも一つの手です。また、「こんなものを作りたい」といったニーズをヒアリングして、言語化するお手伝いはレディくるコンシェルジュがいつでも対応いたします。 ぜひ、レディくるを活用いただき、パートナー探しのきっかけを見つけていただければ幸いです。

ReadyCrew(レディくる)へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

まとめ

動画制作における企画書作りは、慣れていないとかなり難しいと感じるものです。プロの力を借りて、スムーズに動画制作を行うために、レディくるを活用したパートナー探しを検討されてみてはいかがでしょうか。